当社商品に使用の大豆の生育情報をタイムリーにお届け

当社商品に使用の大豆の生育情報をタイムリーにお届け

【29年産】宮城県ミヤギシロメ生育情報

  • ミヤギシロメ

ミヤギシロメ

asahina4

 

 

 あさひなmap

 

 

宮城県が誇る大豆「ミヤギシロメ」は、宮城県のちょうど真ん中あたり”黒川地域”で栽培されています。

 

中央部を東西に貫流する吉田川の清らかな水と、肥沃な「黒川耕土」という豊かな自然環境で育ち、甘みとうま味が強い大豆です。

 

大粒で皮が柔らかく、納豆にすると糸引きが良好なのも特徴。

総本舗水戸納豆の看板商品「雪あかり」は、この「ミヤギシロメ」を使っています。

 

雪あかり2

 

生産者の皆さんがどんな点に工夫し、どんな想いを込めて大豆を作っているのか。 毎年産地に趣き、直接お話をし意見交換をすることで理解が深まり、大豆の様子もよく分かります。

 

 asahina7

 

 

さて、今年の大豆はどんなふうに育っているだろう。 わくわくしながら、産地に行ってきました。

 

 

 

◎「ミヤギシロメ」を使った看板商品「雪あかり」のご注文はこちらから↓

http://www.mitonatto.com/products/detail.php?product_id=7

 

◎「ミヤギシロメ」に合った納豆菌の開発秘話はこちらから↓

http://www.mitonatto.com/user_data/story.php

生育経過2017.10.24

  • 生育経過

    9月の中旬頃の畑

    よく晴れ渡った空の下、ミヤギシロメの青々とした葉っぱが目に飛び込んできました。

  • 生育経過

    ふっくらとした枝豆

    立派な枝豆ができていました。この状態から大豆になるまで待ちます。

    秋の収穫に向けて少しずつ黄色くなっていきますよ!

  • 生育経過

    畑の中へ

    生産者さんと一緒に畑の中に入り、さやの様子を見ていきます。

    少しかじって、水分量や甘みを確認します。

  • 生育経過

    さやの確認

    今年は夏場の長雨の影響もあり、開花時期のさや付きが前年より少ないとのこと。それでも豆は昨年以上の甘みが感じられ、このまま収穫まで順調にいけば、例年通り美味しい納豆が作れそうです!

  • 生育経過

    生産者さんと一緒に記念撮影

    自然相手の農業は本当に大変です。おいしい大豆をつくるためには、たくさんの苦労と工夫があります。

  • 生育経過

    新豆を使った納豆もお楽しみに!

    生産者さんの想いをお客様にもちゃんと届けられるよう、納豆づくり精進します!

四代目
豆から拘る手作り納豆を動画でご紹介します。
こだわりの原料
生産者の方とコミュニケーションを取りながらの拘り大豆作り。
納豆職人と製法
まごころを込めて手作りで作っています。
納豆の冷凍について冷凍3ヶ月
納豆はご家庭の冷凍庫で冷凍可能です。冷凍で美味しさ持続。
雪あかりと紅ずきんの開発秘話
納豆菌にまつわる当社の開発秘話を特別にご紹介。
ギフト のし・梱包
水戸納豆では、お客様のご希望によってギフト包装を承ります。
よくある質問
これまでに寄せられた、よくあるご質問とご回答一覧です。
四代目だいすけのまめな話
まめな話をまめに更新しております。
納豆委員会
納豆の魅力発信中!